2022/03/15
変形性膝関節症とは

皆さんこんにちは!!😊

阪急塚口駅から徒歩1分のところにある塚口こころ整骨院です!

今回は膝の痛みについてお話ししていきたいと思います!

最近の患者様で膝周りの痛みを訴えられる方が多い印象です。

 

 

・立ち上がりの時の膝が痛い。

・膝に水が溜まっている。

・水が繰り返し溜まってしまう。

・正座ができない。

・歩く時に膝の内側が痛みを感じる。

・階段の降りるときが痛む。

 

 

このような症状については、「変形性膝関節症」と言う可能性が高いです!!

 

この「変形性膝関節症」の原因と対策と治療法についてお話していきます。

 

 

原因

 

変形性膝関節症で大きな原因として挙げられるのが、膝関節を酷使したり・加齢によって長年関節にダメージがいき、関節の軟骨がすり減っていくことが考えられています。

膝関節のクッションの役割をしている、関節の軟骨がダメージを受けて、骨が棘のようになってしまいます。その棘が膝周りの神経や筋肉などに対して炎症を引き起こすこととして考えられています。

 

 

水が溜まる

 

炎症が引き起こされた場合、皆さんよく聞くと思いますが「水が溜まる」というような現象が起こってきます。

これは関節の炎症に対して、炎症を鎮めようとする体の反応から引き起こされると言われています。

その反応が過剰にあるため「水を抜く」というように病院で注射器で抜くようになります。

ですが、水を抜いて痛みがおさまるかと言えば、そうではありません。

水を抜いても原因となる骨の変形や痛みを引き起こすような普段からの体の動きの癖が治らない限り、また同じように炎症が引き起こされて「水が溜まる」というふうになっていくと思っています。

ここで重要なのが、普段の動きの癖の改善や骨がぶつかってしまわないようにストレスを軽減するようなケアが必要だと思っています。

 

 

当院で出来ること

 

当院で行っているのは、ライフスタイル、身体の動きの癖、症状などを検査でしっかり踏まえた上で最適な治療プランを立てています。

まず痛みがでているの周りにある筋肉を徒手療法により緩めていき、動きの改善を図っていきます!

その次に、身体の動きを把握したうえで

膝周りの負担となっている癖を矯正治療により施術を行なっていきます。

矯正と言われるとポキポキ鳴らして痛みがあるのではないかと思われる方もいらっしゃるとは思いますが、当院ではポキポキ鳴らさない体に負担をかけない「無痛矯正」をしておりますので、ご安心くださいませ。

 

 

 

最後に

 

 

変形性膝関節症は 加齢のせい と病院で言われてどうしようもなくなっている方もいらっしゃるかと思いますが、今後の人生を考えて自分の足で歩けるということは、とても大事なことだと思います!

整形外科や整骨院に行っても治らなかった、そのようなことがある方

ぜひ一度、塚口こころ整骨院にご相談ください😁

 

~新型コロナウイルス対策について~

当院では、お客様の安全・安心の為に日頃から衛生管理を徹底しておりますが、

より一層感染予防対策や衛生管理を強化して参ります。

店舗内設備、備品、施術用品・用具の消毒・除菌などの処置を徹底し、

施術者全員の健康管理、衛生措置について管理・教育を徹底して行っております。

お客様に安心してサービスを受けていただく為、マスクを着用して施術をいたします。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

ぜひチェックしてみて下さいね!

下記の単語をクリックすると、それぞれのリンクへ開けるようになってます!

ホームページ(院や治療法の紹介など)

LINE公式アカウント(LINEからもご予約できます!)

Instagram (役立つ情報発信中!)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願い致します!)

共有: