2021/07/31
むくみとは

 

皆さんこんにちは!

阪急塚口駅北口から徒歩1分ところにある塚口こころ整骨院です!

 

夕方になると靴が窮屈になったり、身体がおもだるかったりするなど

経験はありませんか❔

今の時期は特に冷房のあたりすぎや冷たい飲み物をとりすぎなどで

むくみやすい傾向がみられます。

 

今回は『むくみ』についてお話ししていきます。

むくみは『浮腫』といわれています。

 

 

原理

 

人の身体のおよそ60パーセントは水分でできています。

そのうち40パーセントは細胞内(細胞内液)に、20パーセントは細胞外(細胞外液)にあります。このうち、むくみに関わってくるのは、細胞外液になります。

結論から言うと、浮腫は、間質液がたくさん貯留した状態です。

まず、身体のなかには細胞や血管があります。細胞と血管の間には隙間(間質)があり、

細胞の中にも、血管の中にも水分が含まれています。

そして隙間にも水分があります。

この隙間にたくさん水分が溜まってしまうことが『浮腫』の状態です。

 

 

むくみを気にする女性のイラスト

 

なぜこの浮腫が起こるのか、、、

水分はリンパ、血管、隙間(間質)を行き来しています。

リンパの流れが悪くなっていると、水分が吸収できず、隙間に溜まってしまい浮腫が起こる!

また血管から水分が吸収できなくても隙間にたまるので浮腫がおこります。

 

こういった原理で起こっています。

 

原因

○運動不足で活動量の低下

あまり動かない、活動量の低下で身体の水分の循環が滞ります。

滞ることで血管やリンパ菅内で水分が渋滞をひきおこしむくみにつながります。

主に足がむくみやすいです。

 

対処法は軽い運動や、ふくらはぎを動かす。

デスクワークの方は座りながらつま先を床につけて踵を浮かす。

などの軽い運動がおすすめです。

 

 

○女性ホルモンの変化

女性の場合月経周期によるホルモンの関係で、排卵後に増えるプロゲステロンという女性ホルモンの影響で、月経時期には身体の水分を溜め込みやすくなり、むくみやすくなるということも、、

そのほかに、睡眠不足やストレス、冷えなど、、

対処法は

鍼やお灸などで温める、血流改善がおすすめです。

 

 

鍼治療を受けている女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

 

○カリウム不足

カリウムを摂取して、ナトリウムの排せつを促進
塩分(ナトリウム)には水を溜め込む性質がありますが、カリウムも体内の水分調整に関わっています。カリウムは腎臓でナトリウムが再吸収されるのを抑制し、尿中への排せつを促進します。
食品では、ほうれん草や小松菜、アボカド、バナナなどにカリウムが豊富に含まれているので、積極的に食べましょう。

ただし、腎臓が悪い方はカリウムを摂り過ぎると不整脈を起こすことがあるので注意が必要です。

 

食事をしている女性のイラスト | かわいいフリー素材集 いらすとや

 

当院としては、血流改善のため、鍼灸や、マッサージやストレッチなど

行っております。

 

 

~新型コロナウイルス対策について~

当院では、お客様の安全・安心の為に日頃から衛生管理を徹底しておりますが、

より一層感染予防対策や衛生管理を強化して参ります。

店舗内設備、備品、施術用品・用具の消毒・除菌などの処置を徹底し、

施術者全員の健康管理、衛生措置について管理・教育を徹底して行っております。

お客様に安心してサービスを受けていただく為、マスクを着用して施術をいたします。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

ぜひチェックしてみて下さいね!

下記の単語をクリックすると、それぞれのリンクへ開けるようになってます!

ホームページ(院や治療法の紹介など)

LINE公式アカウント(LINEからもご予約できます!)

Instagram (役立つ情報発信中!)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願い致します!)

共有: