2021/03/28
腕の痺れはもしかしたら

皆さんこんにちは!

阪急塚口駅北口から徒歩1分ところにある塚口こころ整骨院です!

今回は頚椎症とよく似た症状である、胸郭出口症候群についてご紹介させていただきます。

 

 

胸郭出口症候群とは

頸部から出る腕神経叢や鎖骨下動脈、鎖骨下静脈などが①斜角筋②鎖骨や肋骨③小円筋のどれかに挟まれることにより、腕に様々な症状が出るものです。

①のことを斜角筋症候群、②のことを肋鎖症候群、③のことを小円筋症候群と呼ぶこともあります。

男女比は1:2で女性に多く、男性は30代、女性は20代に多く発症します。

頸の長いなで肩の不良姿勢の女性は肩甲帯が下垂しやすく、上肢が下方にひかれるため神経叢が牽引されて起こりやすいです。また、交通外傷やスポーツ外傷などの強い外力によるものや、仕事などで上肢を繰り返し使う作業を行う人などにも発症しやすいものです。

 

 

症状

神経叢が圧迫されるので、頚椎症と似た症状の上肢や肩甲骨周囲に痺れや痛みなどがあり、上肢の力が入りにくい運動障害なども発生します。

自律神経症状で手指のうっけつやむくみなどの症状なども見られることがあり、全身症状では頭痛、嘔吐、眩暈、倦怠感などの不定愁訴なども全体の14程度に見られます。

鎖骨下動脈が圧迫されると血流が悪くなり、腕は白っぽくなります。鎖骨下静脈が圧迫されると腕は青紫色になります。

 

治療方法

当院では胸郭出口の原因である姿勢不良に対して姿勢矯正を行ったり、神経を圧迫している斜角筋や小円筋に対して手技や鍼により筋肉を緩める治療を行なっています。

症状が軽度の場合、肩甲帯を上げるために僧帽筋や肩甲骨挙筋の筋力トレーニングも行っていきます。

 

 

予防

上肢を挙上する動作や、重い物を持ち上げる運動や仕事、重いリュックを持つのは避けることが必要になってきます。

 

 

~新型コロナウイルス対策について~

当院では、お客様の安全・安心の為に日頃から衛生管理を徹底しておりますが、

より一層感染予防対策や衛生管理を強化して参ります。

店舗内設備、備品、施術用品・用具の消毒・除菌などの処置を徹底し、

施術者全員の健康管理、衛生措置について管理・教育を徹底して行っております。

お客様に安心してサービスを受けていただく為、マスクを着用して施術をいたします。
ご理解の程、宜しくお願い申し上げます。

 

 

当院はホームページやSNSでも情報を発信しております!

ぜひチェックしてみて下さいね!

下記の単語をクリックすると、それぞれのリンクへ開けるようになってます!

ホームページ(院や治療法の紹介など)

LINE公式アカウント(LINEからもご予約できます!)

Instagram (役立つ情報発信中!)

しんきゅうコンパス(鍼灸治療の情報掲載)

Googleサイト(当院の口コミも宜しければお願い致します!)